俳人 森 澄雄氏

やさしさと土性骨

2010年10月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

猛暑のさなか、91歳で逝った森澄雄の第15句集『蒼茫』が刊行された。昨年まで3年間の三百余句を集めた、最新にして最後の句集である。ぱらぱらと眺めていたら、石田波郷の名が目についた。花卯木ともに遊びし波郷かなふところ手夏もしてゐし波郷かな〈楸邨も波郷も佛龍の玉〉も含め4句。波郷は森澄雄の師、加藤楸邨や中村草田男とともに、戦時中から「人間探求派」として注目された俳人であり、澄雄は先行世代として私淑していた。そんな波郷との思い出を病床で反芻したのだろう、懐かしさ、楽しさにあふれている。ちょうど40年前、波郷の一周忌に澄雄はこんなことを書いている。「草田男(明治34年生)、楸邨(明治38年生)の明治生れに対して、波郷(大正2年生)は僕らと同じ大正生れであり、大正の作家であろう。そこに僕にはふと『大正のやさしさ』と云ってみたい気持も湧く」草田男の「西欧の知性 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。