情けない「自己チュー」皇太子一家

「原爆の日」に友人と会食し、クルーズの予定まであったという。妻子を諫めぬ皇太子とは……。

2010年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

8月16日、那須塩原駅。注目されたのは雅子妃が持つ「フェンディ」のバッグだったJiji Press今夏、皇太子家の評判はよろしくなかった。8月6日の「お慎みの日」には友人の家族とホテルで会食、12日、日航ジャンボ機事故の夜は、敬宮(としのみや)中心の「夏祭り」。 那須御用邸に向かう雅子妃のバッグはブランドもの。雅子妃の治療の一環とも言われ、「先楽後憂」、自己優先の日々になった。それにしても皇太子はなぜ、抑え切れなかったのか。皇室の伝統が大事か、妻が大事か。将来、国民統合の象徴としての資格はあるのか。

慎ましさに欠ける雅子妃

一家は8月4日から8日まで静岡県下田市の須崎御用邸、後半の16日から9月1日まで那須御用邸で静養した。6日は広島に原爆が投下された日。皇太子時代の天皇は、沖縄戦終結、広島・長崎の原爆投下、終戦の日の4日間は、平和を考え戦争の犠牲者を追悼する「お慎みの日」と決め、全員 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。