「新築市場底割れ」地元工務店のXデー

昨年を下回る史上最低の新設住宅着工戸数。亀井大臣の置き土産「金融延命措置」ももはや限界。

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「住宅着工2カ月連続増」「7月は前年比4%増」――。9月1日付の新聞各紙は国土交通省が発表した7月の新設住宅着工統計を、こんな見出しで報じた。記事では「長期固定住宅ローンの金利引き下げなどが需要を後押し」(朝日新聞)、「前年の反動に加え、政府の住宅購入促進策が戸数の拡大を支えた」(日本経済新聞)などと分析しているが、実情は異なる。最前線のマーケットでは「住宅着工底割れ」が懸念されているのだ。昨年の新設住宅着工戸数が1964年以来45年ぶりに年間80万戸を割ったと報じられたのは今年1月末。国交省が発表した2009年1~12月実績は78万8410戸だった。これが、どれほど悲惨な数字かわかりにくいかもしれないが、例えばピークだった90年の170万7109戸の半分にも満たない。バブル崩壊後の「失われた15年」(91~05年)は不動産不況が続いたが、それでも110万~160万戸台を維持していた。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。