「輿石労組軍団」が牛耳る参院民主

日教組を核に約30人の労組系議員が猛威をふるう。公務員給与の大幅カットなどできっこない。

2010年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

激烈な民主党代表選は菅直人首相の勝利に終わった。民主党参院のドン、輿石東参院議員会長(74)は、敗北した小沢一郎前幹事長を支持したが、だからと言って非主流派に転落するわけではない。労組や労組系団体の支援を受けた議員を束ね、参院民主党を牛耳る輿石氏の力は、菅首相にとっても不可欠だからだ。小沢氏の出馬回避に向けた話し合いが最終的に決裂した8月31日。衆院議員会館の一室に集まった小沢氏、鳩山由紀夫前首相、輿石氏の3人は、首相をその場に呼び出し、兵を引く代わりに人事配分の言質をとろうと画策していた。3人は約1時間半にわたって鳩首協議し、こもごも首相に電話をかけた。まず鳩山氏が「人事の話は後ですればいい。話し合うだけだ」と説得したが、首相は「4人で会えば密室政治になる」と拒否。最後に「小沢氏との二者会談だけでも行うように……」と、渋る首相を説き伏せたのは輿 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。