「トロイカ崩壊」で次世代の暗闘

「七奉行」を「七人の侍」が追撃。群雄割拠の次世代レースは、ドングリの背比べと紙一重。

2010年10月号 POLITICS [次世代レースの幕開け]

  • はてなブックマークに追加

幹事長代理・細野豪志「あえて言うが、菅首相の地域主権への姿勢に革命をやる気概はない。補助金の一括交付金化も政見メモになかった」行政刷新相・蓮舫「小沢前幹事長にそんなに知恵があるなら、なぜ幹事長の時に自ら動かなかったのか」細野「小沢氏は誤解されがちで、黙っていてここぞでやる人なんだ」蓮舫「党に政調会があれば意見も言えた。小沢氏がそれをなくした」民主党代表選が大詰めを迎えた9月12日。日曜日恒例のテレビ討論番組で火の出そうな舌戦が続いた。菅陣営が送り出した切り札、蓮舫は42歳。小沢陣営の細野は39歳である。首相の菅直人(63)と前幹事長の小沢一郎(68)の「政治生命の全てを懸けた」(小沢)死闘に目を奪われがちだった代表選と内閣改造。もう一度、目を凝らしてみよう。党を二分した「親小沢か脱小沢か」の権力闘争のカゲで、音もなく一段回った歯車に気がつかなけれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。