逃げない小沢、「検察審」の読み筋

審査員が全員交代し、議決書を作成する弁護士も替わった。強制起訴になる可能性は低い?

2010年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

民主党代表選で敗北し、首相に上り詰める夢を果たせなかった小沢一郎氏。資金管理団体の土地取引事件をめぐり、検察審査会(検審)の強制起訴制度からは「逃げません。でも今の仕組みでいいのか」と言明したが、10月中にも下される検審の議決はどうなるのか。強制起訴制度の見直しはあるのか。さらに、検察審査会ならぬ「検察官適格審査会」、略して「検適」という聞き慣れない機関のあり方まで問われそうだ。9月2日に開かれた代表選討論会での「逃げません」発言は、小沢氏を不起訴とした東京地検の処分を審査中の東京第5検審が「起訴すべき」と議決した場合、強制起訴となるが、小沢氏はそれに従って裁判に臨むという意向を示したものだ。憲法75条には「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない」と定められ、首相も本人の同意がないと訴追できないと解釈されている。小 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。