中朝「新提案」に韓国軟化

6カ国協議再開へ日韓米ロに提示した中身とは何か。李明博政権も「非宥和」転換の兆しで、日本は困惑する。

2010年10月号 GLOBAL [中国が切る北朝鮮カード]

  • はてなブックマークに追加

「新しい提案」――北朝鮮核問題に関する6カ国協議の中国首席代表を務める武大偉・朝鮮半島問題特別代表が8月31日、東京で使った言葉だ。岡田克也外相との会談後、同協議の再開に向け「新しい提案」を関係国に提示する考えがあることを記者団に語った。日本では共同通信ぐらいしか「新しい提案」という表現を使わなかったこともあり、メディアではあまり注目されなかったが、「新しい提案」とは思わせぶりである。この「新しい提案」とは何か。東京やソウルのウオッチャーの間では期待が高まったが、やはり劇的な提案ではなかったようだ。北朝鮮をめぐる情勢は、「お世継ぎ」の動向と相まって引き続き不透明で、周辺国は右往左往するばかりだ。武代表は8月16~18日に平壌、26~27日にソウルを訪れ、東京を発った後はワシントンへ移動して9月3日まで滞米した。さらに同6日にはモスクワに現れた。わずか3週 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。