好発進の日経「電子版」に一抹の不安

2010年9月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

我が国新聞業界初の電子新聞、日経「電子版」の有料購読者が7月7日、7万人を超えた。3月23日の創刊から3カ月余りの好発進に、日経社内には「初年度目標の10万人も達成可能」との楽観論が広がる。が、その一方で、不安もある。電子版をとる代わりに、同社の収益の柱である紙の新聞を止める「カニバリズム」(共食い)が増えているのだ。同社としては紙の新聞(多くの地域で月ぎめ4383円)と電子版(1千円)をセットでとる「Wプラン」(5383円)が有り難いのだが。同社は当初、有料読者の80%がWプランを選ぶと想定していたが、創刊1カ月の4月に70%と判明、7月には65%(4万5千人)に下落した。無理もない。日経は「電子版は紙とは違う独自の情報や機能を盛り込んだ『別媒体』」と強調するが、一般読者にとってはどちらも「日経新聞」で、それほど差はない。むしろ基本的な情報がダブっており、紙でしか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。