習近平「学歴捏造」疑惑でネット騒然

福建省長時代の博士号に、ネットユーザーが粗探し。清華大学が記録を削除。次期最高指導者の目はもうない。

2010年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国では最近、マイクロソフト中国法人のトップを務めた唐駿(タンジユン)の学歴詐称事件が大きな話題を集めた。それをきっかけに、企業経営者のモラルの欠如を糾弾する世論が強まったが、同時に浮上したのが、次期最高指導者の候補である習近平(シーチンピン)国家副主席の学歴捏造疑惑である。その前に“唐駿事件”についておさらいしよう。1962年生まれの唐駿は、マイクロソフトの一技術者から出世街道を驀進し、10年かけて同社中国法人の総裁に上り詰めた。2004年にマイクロソフトを辞め、オンラインゲーム大手の盛大網絡(シャンダ・インタラクティブ)に移籍。同社の総裁として、社員200名余りだったベンチャーを上場企業4社を擁する一大グループに育てあげた。そして08年、唐駿は福建省の民営不動産デベロッパー、新華都実業集団の創業者からスカウトされ、同社の総裁に就任した。この時の“移籍 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。