日銀に鉄槌「みんなの党」デフレ法案

物価目標の導入を迫り、民主党デフレ議連や連合のほか、民間にも応援団。政界再編へ政策で揺さぶる。

2010年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「ねじれ国会」秋の陣に向けて、みんなの党が政策論争をリードしている。7月参議院選挙では総得票数が民主、自民に次ぐ第三党という大躍進を遂げた結果、法案提出権の参院11議席をクリア。矢継ぎ早に法案を提出し、国会の政策論議では戦闘モード全開になっている。みんなの党といえば、渡辺喜美代表が安倍政権の行政改革担当相として名を売っただけに「公務員改革」が金看板だが、経済政策では日銀法を改正する「デフレ脱却法案」も、市場関係者から注目されている。骨格は次のとおりだ。◦政府と日銀との間で政策目標を共有する枠組みをつくり(日銀法改正)、物価安定目標(インフレターゲット)を設定する。共有した目標達成のための具体的措置および実施時期は日銀が独立して定める。◦政府から日銀に対し、たとえば20兆円の中小企業向けローン債権に政府保証を付与したうえで、金融機関から日銀が買 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。