「産地偽装」ウナギまで小沢金脈

警視庁が捜索したセイワフード。追い詰められてせっせと献金。あの石川議員が国会で助け舟?

2010年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

中国、台湾、日本と、産地は別でも元はどれも「ニホンウナギ」のシラス(稚魚)だから、加工が同じなら味にほとんど変化はない。しかしスーパーで買えば、国産の蒲焼きは一尾およそ1300円で、中国産や台湾産はその半値。ここに業者が「産地偽装」という誘惑に駆られる理由がある。過去、ウナギの偽装は繰り返されてきた。台湾産を宮崎産と表示、東国原知事のイラスト入りシールを貼って出荷していた宮崎県の業者。台湾産として売り出そうとしたが、顧客の注文で国産と偽って販売した静岡県の業者……。毎年、偽装が繰り返され、摘発されれば運が悪かったと発想する業界だから質が悪い。だが、専門商社のセイワフード(本社・東京都港区)が偽装表示をしていたとなると話は別である。警視庁は、7月15日、産地偽装容疑でセイワフードと販売先の大福(本社・大阪府茨木市)など数カ所を家宅捜索した。セイワ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。