三菱自動車の頭脳を結集、中国「IAT」の凄腕

2010年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本では無名だがIAT(インターナショナル・アプリケーション・テクノロジー)は、中国の自動車産業を支える有力ベンチャー企業だ。その事業スタイルは、自動車のデザイン、設計・開発、試作を請け負い、中国の自動車メーカーに納入する、というものだ。今年4月に開催された北京モーターショーでは、出展されたコンセプトカーのうち14車種の開発を担当した。中国ではIATのような会社は、エンジニアリング会社と呼ばれる。とくに自動車業界ではエンジニアリング会社が設計・開発したクルマを、大手メーカーが購入しても、自社開発と位置づけられるため、こうした会社が急成長を遂げている。背景には、中国でのエンジニア不足がある。中国メーカーは、エンジンや車体のデザインまで外部からどんどん購入し、それをうまく組み合わせて、短期間で新車を開発、量産する事業スタイルで成長している。IATは北京 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。