韓国「現代重工業」に対イラン制裁圧力

2010年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

本誌前号(「三井物産に『オバマ・トラップ』」)で報じた、米国が同盟国に圧力をかける「将を射んとすれば馬を射よ」方式の対イラン経済制裁は、いよいよ万力のごとく締め付けが強まり、日本のみならず韓国にもプレッシャーがかかっている。7月1日にオバマ大統領が署名した包括制裁法をもとに米国は7月中旬、日本にデビッド・コーエン財務次官補(テロ資金担当)を派遣、協力を要請した。要請を受け入れて日本はイラン関連企業・組織40団体に対し貿易・投資規制を行ったほか、イランのメラト銀行傘下でマレーシアを拠点とするファースト・イースト・エクスポート・バンクに対し、日本国内の資産凍結に踏み切った。一方、お隣の韓国は01年に開業したメラト銀行ソウル支店の閉鎖をめぐって、米国とイランの板挟みにあっている。ロバート・アインホーン米国務省調整官(対イラン・北朝鮮制裁担当)は8月初 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。