「介護保険の生みの親」堀田と樋口が大バトル

2010年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

市民運動の両雄、堀田力氏と樋口恵子氏が、介護保険の改定をめぐって決裂した。堀田氏はかのロッキード事件の検事で、「さわやか福祉財団」の理事長。樋口氏は東京家政大名誉教授で「高齢社会をよくする女性の会」の理事長、7年前の東京都知事選に出馬して敗れたこともある。2人は、介護保険の生みの親だった。1996年、介護保険制度の透明化や市民参加を訴えてともに「介護の社会化を進める1万人市民委員会」を立ち上げ、その共同代表として活躍。提案型の市民運動として評価され、その提言は厚労省を動かした。樋口氏は介護の「嫁頼みから社会化への転換」を唱え、そのためには保険料を払うことを説いた。負担増反対の声を一掃させた功績は大きい。「1万人」は2000年の制度発足後に解消されたが、2人は介護保険の審議会委員を通じ「介護の社会化」を牽引。「痴呆」を「認知症」に改めた審議会の座長は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。