消息絶った「ヤクザマネー」覆面男のあがない

2010年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌が報じてきた警察総動員の六代目山口組トップ組織「弘道会」の殲滅作戦は、暴力団の資金づくりを担ってきた“共生者”、つまり「資本のハイエナ」たちにも、塗炭の苦しみを舐めさせている。2007年11月にNHKで放映された「ヤクザマネー」。“社会を蝕む闇の資金”とサブタイトルがつけられたこの番組は、暴力団の資金づくりの生々しい現場を捉えたドキュメンタリー番組として警察関係者にも大きな衝撃を与えた。この番組の中では何人かの“共生者”が覆面を条件に、驚くべきその実態を証言していた。ヤクザマネーの運用を手がけ、かつては預かり金1億円を「数カ月で5億円に増やしたこともある」と豪語したその“共生者”は、手元のファイルを開いては、そこに並べられた東証や大証の1部上場企業の名刺を指しながら、そこにも少なからずヤクザマネーが色々な隠れ蓑をまとって流れ込んでいる、と証言した。ヤク ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。