化粧品「ロレアル」女帝とサルコジ金脈

老いらくの恋に迷ったか、87歳の大富豪夫人。その会話の録音から、大統領側近への違法献金が浮かんだ。

2010年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

高級化粧品「ランコム」「イブ・サンローラン・ボーテ」などの有名ブランドを抱えるフランスの化粧品メーカー、ロレアルが、とんだ政治スキャンダルの火種をまいた。2009年度の連結売上高175億ユーロ(約2兆円)を誇る「ロレアル帝国」。その創業者の一人娘で遺産相続人の大富豪、リリアンヌ・ベタンクール(87)が、ニコラ・サルコジ大統領に違法献金していたとの疑惑が噴き出したのだ。仏メディアはネタ枯れのバカンス期にもかかわらず連日、「政治とカネ」のニュースで沸いている。ベタンクール夫人は、ロレアルの株式約30%を保有し、資産額は推定約173億ユーロ(約1兆9500億円)。「フォーブス」誌や「チャレンジ」誌の資産番付で世界17位、フランス国内では三本指に入る。発端は富豪一族の骨肉の争いからで、ベタンクール夫人の一人娘、フランソワーズ・ベタンクール=メイヤーが起こした裁判が火 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。