息子を入れたくない「大日本印刷」

7億8千万円の報酬に加え、息子を副社長と常務に抜擢する「北島王朝」のデタラメ。

2010年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

上場企業役員の高額報酬の公表。最大のサプライズは、大日本印刷の北島義俊社長(76)が7億8700万円ももらっていたことだ。ライバルの凸版印刷・足立直樹会長(1億7200万円)の4.6倍とは異常も異常。だが、なぜか、マスメディアは沈黙。その不作為が「北島王朝」を罷り通らせている。下の役員報酬ランキングをご覧いただきたい。7月1日付の朝日新聞は「上位には外国人や創業者のほか、ベテラン経営者が目立つ」と論評した。確かに北島社長は1979年以来社長の座にある。超長期政権だ。会社側も「社長在任が31年にわたったため」と説明したが、おかしな説明だ。第一の疑問は「社長の報酬は年功で決まるのか」。そんなはずはないだろう。業績に見合って決めるのが基本だ。前3月期の大日本の業績は2年ぶりに黒字転換したものの、純利益は232億円と低水準で、売上高(1兆5833億円)の1.5%にすぎない。第二の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。