木村剛が「粉飾」強要メール

社外取締役が自殺? その謎を追う本誌は、木村剛のメールとメモを入手、内容に愕然とさせられた。

2010年9月号 BUSINESS [振興銀行ゾンビ企業群]

  • はてなブックマークに追加

陽炎(かげろう)に喪服の幽鬼が揺らめく。炎暑の8月6日午前、汗をしたたらせた黒服の群れが、喘ぎ喘ぎ東京・品川の桐ケ谷斎場にたどりついた。焼香の列はみな戸惑いの表情で遺影を仰いでいる。弁護士、赤坂俊哉。司法修習40期で51歳とまだ若い。大原法律事務所に所属し、あの日本振興銀行の社外取締役だった。つい3週間前、その顔は全国の新聞、テレビに流れたばかりである。振興銀行の木村剛前会長(48)が銀行法違反(検査忌避)容疑で逮捕された7月14日夕、急きょ社長に就任した作家、江上剛(本名・小畠晴喜)の隣に座り、ともに緊急会見に臨んでいた姿は記憶に新しい。そのまさかの死が報じられたのは8月2日昼だった。「関係者によると、赤坂弁護士の家族が7月31日朝、自宅の書斎で首をつって死んでいるのを発見し、119番した」(読売新聞)。他紙も大同小異の報道だったが、遺書の有無は分かれる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。