総務省出身の御園氏出馬で混沌とする愛知県知事選

2010年9月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

来年2月に任期満了となる愛知県知事選の行方が混沌としてきた。河村たかし名古屋市長は、対立する市議会に対するリコールを呼びかけ、実現すれば自らも辞任する意向だ。その後、県知事選には独自候補を擁立、市長選、市議選、愛知県知事選の「トリプル選挙」で支持勢力を拡大する構想だ。現職の神田真秋知事は現在3期目。元は自公民の相乗り候補だったが、前回の選挙では民主党が石田芳弘・元犬山市長を擁立。神田氏が勝利したものの得票差はわずか。4期目に出ても当選は難しいと見られる。だが、民主の側も一枚岩ではない。石田氏はその後に愛知6区から出馬し民主党の衆院議員となったが、8月に入って知事選立候補の意向を公にした。それと同時に出馬表明したのが、元総務省官房審議官の御園慎一郎氏だ。御園氏は1977年に旧自治省に入省。98年から2年間、愛知県総務部長を務めた。4年前にも民主党はぎ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。