誤算続きの東芝リチウム電池事業の前途

2010年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

選択と集中を徹底し、総合電機の中でいち早く業績を回復させた東芝。しかし、リチウムイオン電池を、早い段階で切り捨てたのは大失敗だった。92年、東芝は旭化成とリチウムイオン二次電池の開発・製造・販売を行う「エイ・ティーバッテリー」を共同出資で設立。後に全額出資子会社としたが、潜在価値を見抜けず、04年に会社を解散した。「燃料電池の開発に力を入れるため」というのが撤退の理由だった。電気自動車ブームの到来に慌てた東芝は、かつての技術をかき集め、リチウムイオン電池の一種である「SCiB」を製品化した。マイナス30℃での低温動作や、6千回以上の充放電の繰り返し利用が可能で、低コストというのを売り物にしている。しかし、電圧が低いという、電気自動車用としては致命的な欠点がある。04年の事業撤退の後遺症は否めない。すでに大手自動車メーカーは特定の電池メーカーと強固な関 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。