読売の「クオリティー」が朝日を追い抜く!

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

読売新聞が読者の質においても朝日新聞を抜いた――。新聞業界の常識を覆す調査結果が明らかになった。読売はこれまで発行部数こそ1千万部と日本一だが、大衆紙の色彩が濃く、日本の経営層・富裕層・インテリ層への浸透では朝日に及ばないと思われてきた。が、意外や、こうした階層が朝日より読売を選んでいることがわかった。読売の質が大きく向上した半面、朝日が急速に支持を失っている、とみるべきだろう。実態を浮き彫りにしたのは、ビデオリサーチが2001年以来、毎年秋に、全国111紙を対象に新聞の閲読状況を調べる「全国新聞総合調査」(略称J-READ)。その09年版によると、「経営・管理職」への到達率(その新聞を読んだ比率)は、読売が23.0%と朝日(19.3%)を3.7ポイント上回った。08年の調査では朝日(23.9%)が読売(21.6%)を2.3ポイントリードしていたから、日本社会を実質的に動かす ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。