キヤノンがテレビ参入断念「SED開発」打ち切り

2010年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

キヤノンが社運を懸けて製品化に取り組んでいたSED(表面電界ディスプレー)テレビの開発を打ち切った。液晶やプラズマ陣営に対抗、「第3の薄型テレビ」として商品化を目指していたが、液晶テレビなどの急速な価格低下を受け、御手洗冨士夫会長は「コストの面で太刀打ちできない」と苦渋の決断を余儀なくされた。御手洗会長は「自前のテレビ」に拘り、99年にSEDテレビの研究開発をスタートさせ、悲願のテレビ参入を目論んだ。SEDは高画質で消費電力を抑制できるのが特徴で、04年には東芝と合弁会社を設立。しかし、米企業から起こされた特許訴訟が長引き、07年に東芝が合弁から手を引いたことから、商品化が危ぶまれていた。キヤノンは08年にも、リアプロジェクション(背面投射型)ディスプレーの開発を断念しており、家庭向けテレビ市場への参入は事実上、断たれた格好だ。キヤノンでは御手洗会長に取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。