「統一教会」に迫る世界的にユニークな学術書

2010年8月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

欧米と異なり、日本のマスコミに宗教専門記者はほとんどいない。また、組織に属さずに宗教ジャーナリストとして活躍する人は、皆無に近い。その中で例外的な存在が藤田庄市氏だろう。さまざまな信仰の現場を踏み、『行とは何か』などの質の高いルポルタージュを世に送り出すとともに、アカデミズムとジャーナリズムの架け橋となる優れた仕事を数多くこなしてきた。オウム真理教事件以降、藤田氏は宗教が抱える暗部を抉り出す仕事に力を入れている。積極的にカルト問題を取り上げ、人々に不幸をもたらす「宗教」について取材し、書く作業を続けている。その藤田氏が、仏教タイムス6月10日号の書評で「仕事ぶりに完敗した」と称賛している宗教社会学者の本がある。櫻井義秀・中西尋子著『統一教会』(北海道大学出版会)である。今年刊行されたこの本、意外なことに宗教社会学の観点から統一教会について ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。