名古屋経済界が「航空機産業」に熱い視線

2010年8月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車が5月の決算発表で国内生産体制の見直しを打ち出したことで、名古屋の経済界では「ポスト自動車」への動きに拍車がかかっている。その最右翼が、航空機産業への展開だ。三菱重工業の名古屋航空宇宙システム製作所(名航)を中心に、この地域には戦前から航空機産業の基盤が形成されてきた。2008年4月には、中部経済連合会の川口文夫会長(中部電力相談役)を座長として、中部地方の産官学が相乗りするかたちで「航空宇宙産業フォーラム」が旗揚げ。航空機向けのサプライヤー育成などを、地域ぐるみで進める方針を打ち出した。特に熱心なのが自動車関連の部品や素材メーカーだ。国内完成車メーカーへの供給量が先細り傾向にあることから、航空機産業へのくい込みを真剣に模索している。7月上旬には、大垣共立銀行が主催し、名航の副所長などを講師とする航空機産業セミナーが開かれたが、100 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。