三井物産に「オバマ・トラップ」

前門のメキシコ湾原油流出に、後門の対イラン制裁。米経済紙を通じて発せられた驚愕の警告サインとは。

2010年8月号 COVER STORY [原油流出とイラン制裁]

  • はてなブックマークに追加

三井物産も“針のムシロ”に座らされるのか――。トヨタ自動車の豊田章男社長が2月24日に米議会公聴会で顔をこわばらせていた光景が、今度は三井物産関連会社の幹部に置き換わって7月22日のワシントンで再現されそうだ。ルイジアナ州のメキシコ湾沖合70キロ、英石油資本BPが開発する海底油田の石油掘削施設「ディープウオーター・ホライゾン」で爆発事故が発生したのが4月20日。海中から噴き上げる褐色の原油がメキシコ湾に流出し始めて3カ月経った。流出総量は190万~360万バレルに達し(7月3日現在の推計)、渚で原油まみれとなったペリカンが連日テレビで放映されている。深海で油井を遮断する作業は難航、BPは「早くて7月下旬、ハリケーンなどで遅れれば8月中旬までかかる」との見通し。今やBPのトニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)は全米で怨嗟の的だ。

3メガバンクを名指し

とうとう上院の国土安全保障・政府活動委 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。