小野寺KDDI「市場感覚ゼロ」の病根

ソフトバンクにしてやられても「草食」系の幹部には反転攻勢の気概なし。長期ワンマン政権の弊害か。

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

来年で就任10年を迎える小野寺正社長(62)率いるKDDIが精彩を欠いている。スマートフォン「iPhone」の投入で飛ぶ鳥を落とす勢いのソフトバンクや、グループを挙げて反攻に転ずるNTTの間でどっちつかずの戦略に明け暮れている。小野寺社長独自の嗅覚で一時は隆盛を誇ったが、長期政権の弊害で幹部が総じて「草食」化しつつあることも病根の一つになっている。「本当にお待たせしました。スマートフォンでは劣勢だったがこれからがんばりたい」6月24日、KDDIの田中孝司執行役員専務(53)は都内のauショップで新端末の発売を披露した。「IS02」――。ウィンドウズ・モバイル6.5.3を採用した東芝製のスマートフォン。ソフトバンクの初代iPhoneから遅れること2年、KDDIがコンシューマー向けに初めて出したスマートフォンだ。この日は、ソフトバンクの新型「iPhone4」の発売日と重なっていた。KDDIは、発売日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。