「緊縮は禁句」こわごわ仏年金改革

独英の大胆な緊縮財政と肩を並べたかに見えるが、公務員天国の反発を恐れて言を左右。

2010年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

外国人から見ると、フランスは、「疑似社会主義」とか、国家がどの分野にも介入する「大きな国家」というイメージがあるようだ。しかしその「大きな国家」の政府でも、手を出しにくいテーマがある。年金制度だ。ギリシャやポルトガルなどがソブリンリスク(政府債務の信認危機)の嵐に見舞われ、6月のトロントG8/G20(主要国首脳会議と20カ国・地域首脳会議)で、先進国は2013年までに財政赤字をGDP(国内総生産)比で少なくとも半減させるとの共同声明を出し、ドイツや英国などユーロ圏諸国は軒並み緊縮財政を打ち出した。ところが、フランスではこの数カ月、年金制度改革が論議の中心で、表立っては緊縮財政の目玉にしようとしていない。

「60歳に触れるな!」デモ

安定した票田を維持できるかどうかのポイントとなる「年金」という言葉に、フランスの政治家は敏感なのだ。これまでも党派を問わず、多くの政権が「年金」とい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。