マクリスタル司令官更迭の「鏡」

2010年8月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第52回]

  • はてなブックマークに追加

「4軍の最高司令官たるアメリカ大統領が、司令官の首を切ろうとする時にはこころせよ。突然の更迭劇は日々悪化する戦局を映す鏡のようなものなのだ」アメリカがイラクと戦端を開いた直後、陸軍参謀総長だったエリック・シンセキ大将が突然解任された。退任式には慣例に反してドナルド・ラムズフェルド国防長官もポール・ウゥルフォビッツ副長官も姿を見せなかった。中央の広場に傲然と立ち尽くし、天の一角を睨む陸軍参謀総長。そんな光景のなかで「ペンタゴンの知恵袋」と呼ばれて慕われていたひとがふと漏らした言葉だった。*筆者が6月の下旬にワシントンDCに滞在していた折、バラク・オバマ大統領はアフガニスタン駐在アメリカ軍のスタンリー・A・マクリスタル司令官を前線から召還した。表向きはアフガニスタン情勢の協議とされていたが、特殊部隊出身の将軍の命運は既に尽きかけていたのだろう。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。