特捜・監視委が狙う「木村剛印」上場企業

監視委「佐渡賢」が口にした重い一言。警視庁の振興銀行立件を尻目に、インデックスHDをマークする。

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本振興銀行の総帥、木村剛前会長がついに塀の中に落ちた。警視庁捜査2課は7月14日、木村や西野達也社長ら幹部5人を銀行法違反(検査忌避)容疑で逮捕した。「すべて警視庁というわけにはいかないだろう。(株式を)上場している企業だって関与しているんだから、うちだけじゃなく、五反田だってやらないわけにはいかない」検察関係者との飲食の席で佐渡賢一はそう言い切った。かつての特捜検事、今は証券市場に睨みを利かす証券取引等監視委員会(日本版SEC)委員長のこの一言は重い。佐渡は東京地検特捜部副部長として、政界と闇社会との関係を赤裸々に暴いた佐川急便事件を手がけ、大阪地検検事正時代には、同和利権の象徴でありながら捜査当局でさえ手を出せなかった「食肉の帝王」浅田満元会長のハンナンがかかわる「牛肉偽装」にメスを入れている。政界のみならず、相撲界から暴力団まで“ハンナ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。