「異色のJBIC部長」が内閣の指南役に

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「国際金融・経済分野で優れた識見を持った人物。『強い経済』実現に向けて成長戦略や国際市場について、菅直人首相に助言してもらう」政府は6月22日、国際協力銀行(JBIC)の前田匡史国際経営企画部長(52)を内閣官房参与に任命。仙谷由人官房長官は会見で、前田氏に強い期待感を表明した。首相の指南役に当たる「内閣官房参与」はこれまで事務次官OBや首長経験者から選ばれており、一介の政府系金融機関の部長の抜擢は異例。前田氏は財務省とJBICの支援を受けて、自民党政権時代から日本版SWF(国富ファンド)創設や、原発・新幹線など官民一体でのインフラ輸出の実現に動いてきた「異能の人材」(財務省幹部)。菅政権は「民主党のアキレス腱」(大手証券幹部)とされる新成長戦略の実現を、この男に託した。前田氏は東大法学部卒業後、1982年に旧日本輸出入銀行(現JBIC)に入行。旧大蔵省国際金融 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。