ロシア美人スパイが狙った「超大物スパイ」

2010年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

まるで冷戦時代を思わせるような光景だった。旧ソ連の情報機関KGB(国家保安委員会)の流れをくむSVR(連邦対外情報局)から指示や資金援助を受けて、米国で情報活動をしていたロシアのスパイグループが摘発されたのだ。米司法省は6月30日までに11人を訴追した(10人は米連邦捜査局FBIが米国内で逮捕、1人はキプロスで身柄を拘束されたが、保釈中に行方不明)。この衝撃的なニュースは世界中を駆け巡ったが、スパイ活動の一部に、英国の対外諜報機関MI6関係者が肝を冷やす内容が含まれていた。逮捕されたスパイのうち世の注目を集めたのは、魅惑的なポーズの写真や映像がネットに流れた美人スパイ、アンナ・チャップマン容疑者(28)だろう。彼女の任務はその容姿を活かして、米政府関係者の人脈に食い込むことだったが、そのなかには2009年秋まで英国連大使としてニューヨークに赴任していたジョン・ソ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。