傷だらけ小沢と菅が「最後の決戦」

菅は3年前の安倍とそっくり。小沢系議員は7月下旬の両院議員総会から執行部攻撃の狼煙を上げる。

2010年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

参議院選挙での民主党の惨敗で、菅直人政権は発足から34日目にして政権末期の様相を呈している。衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」が10カ月ぶりに復活したのは致命的だ。ねじれ状態に2年間耐えた自公政権と異なる点は、現与党が衆院で法案の再議決が可能な3分の2以上の議席を擁していないことだ。9月5日には民主党代表選が待ち受ける。党内抗争のゴングは鳴った。菅の息の根を止めるのは、自民党でもみんなの党でもなく、民主党前幹事長の小沢一郎だと見る向きは多い。  菅は消費税問題で迷走し、得たのは勝敗ラインから10議席も少ない44議席。自民党に改選第1党の座を奪われた。小沢は内心、ほくそ笑んでいるに違いない。菅の求心力の低下は、そのまま小沢の党内での発言力を強めていく。だが、小沢も菅同様に、政治的に死ぬか生きるかの崖っぷちに立っている。前首相、鳩山由紀夫とのダブル辞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。