奥 正之氏(全国銀行協会会長、三井住友銀行頭取)

日本は「豊かな衰退」か 「ダイバーシティ」に活路

2010年8月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――菅政権誕生で内閣支持率がV字回復。消費税増税など政策転換を打ち出しました。奥 効果が疑わしい政策は見直すなど、現実路線への転換はよいことです。首相が唱える「強い経済・強い財政・強い社会保障の一体的実現」に異論はない。少子高齢化が急速に進む中、国民が安心して生活できる社会保障制度の構築は不可欠であり、消費税を含む税体系全体の見直しは避けて通れない。

将来に禍根を残す「郵政改革法案」

――「消費税率10%」に踏み込んだ途端に支持率が急落。参院選で大敗しました。奥 景気は回復局面にあるとはいえ、国民は先行きに明るい展望を描けない。「増税の前にやるべきことがある」という批判が起こるのも当然です。しかし、莫大な赤字国債によって賄う国家財政は持続不可能です。我が国の経済・財政・社会保障は強いどころか、たいへん厳しい状況にあり、将来にわたって国民に大きな負担がかかることを、政治家はもっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。