異色の「脱サラカメラマン」武田孝巳が写す「クメール」

2010年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ストが相次ぐ中国に代わって、生産拠点の移転先としてにわかに注目を集めるカンボジア。低賃金に加え、敬虔な仏教徒が多い素朴な国民性が日本企業を惹きつけている。そのカンボジアを舞台に写真を撮り続けてきた武田孝巳氏の個展「クメール」が8月3日から10日まで東京都千代田区三崎町の「アップフィールドギャラリー」(電話03・3265・0320)で開かれる。最大手の設計会社「日建設計」に25年間勤務。不惑を過ぎて国境なき医師団のボランティアに参加、カンボジアの土を踏んだのを機に脱サラした、遅咲きのカメラマンである。貧しくても逞しく生きるカンボジア庶民の姿に魅せられ、シャッターを切り続けてきた作品群は、路地裏や農村、水上生活者を活写する。かつての設計会社員の目で「中国の受け皿としては、インフラ整備がまだまだ」と分析するが、「国民性に魅せられて」クメール(カンボジア)にの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。