三洋電機の半導体子会社が米半導体メーカーに身売り

2010年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

パナソニック傘下の三洋電機が子会社の三洋半導体の売却に向け、米半導体メーカーのオン・セミコンダクターと最終調整に入った。半導体子会社をめぐっては、07年にも買い手を募集。国内外のファンドが競い合い、買収提示額は1300億円につり上がったが、土壇場で破談になった経緯がある。オン社の提示額は200億~300億円にとどまり、三洋のプロパー社員から「あの時に売っていれば、パナソニックの軍門に降らずに自主再建も可能だった」と恨み節も聞かれる。前回の売却話に「待った」をかけたのは、メーンバンクの三井住友銀行出身で、6月22日の株主総会で副社長を退任した前田孝一氏とされる。営業黒字に転換し、業績も底を打ったうえ、入札で予想を上回る高値が付いたため、「企業価値を過大評価し、売り惜しんだ」(欧州系投資銀行)と揶揄される。前田氏の退任が正式に決まり、三洋も晴れて売却に踏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。