「事務局長解任!」おぞましい大阪産業大学

2010年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

関西の中堅私大、学校法人大阪産業大学(大阪府大東市)で、理事会、教授会、教職員組合が入り乱れての騒動が続いている。本誌では昨年4月号(3月20日発売)で大阪産大の内紛劇を特報したが、その直後の3月31日には古谷七五三次理事長が辞任。4月1日付で土橋芳邦氏(元クボタ社長・会長)を新理事長に迎えたが、内紛は収まるどころか、泥沼の様相を呈している。大阪産大の事務局長は「鬼門」である。今年5月31日に重里俊行常務理事・事務局長(経営学部教授)が突如、解任された。重里氏は、土橋氏と同じく昨年4月1日に着任した人物。表向きの解任理由は、今年4月27日に行われた労組との団体交渉の場で、大阪産大内に2007年に新設された中国文化や中国語の普及組織「孔子学院」について、重里氏が「文化スパイ機関」と不適切な発言をしたためだ。しかし、この解任には不可解な点が多い。重里氏は発言を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。