「西日本高速道」にトドメ刺した調査委報告

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

思い知ったか! 木村剛の日本振興銀行に続き、本誌調査報道の完勝第二弾である。マラドーナ監督のように、相手構わず抱きついて熱烈感謝のキスでもふりまこうか。本誌が08年7月号、10年5、6月号の3回にわたり、疑惑の数々をスクープした西日本高速道路株式会社(NEXCO西)の石田孝会長=写真=が、6月29日付で退任した。これに先立ちサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)の運営子会社、西日本高速道路サービス・ホールディングス(SHD)の会長も辞任、小泉政権の日本道路公団改革で会長に乗り込んで以来、権勢を誇ってきた「石田帝国」は瓦解した。5月に訂正と謝罪を要求する通知書を本誌に送ってきた腹心、安田裕明氏も、同30日に西日本SHDの取締役と西日本高速道路ロジスティックスの社長を退任、沈黙したまま追われるように会社を去っている。疑惑解明のため同社取締役会が設けた外部調査 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。