あの振興銀行が武富士の「救いの神」に

2010年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

消費者金融大手の武富士が「Xデー」を乗り切った。その帰趨に注目が集まっていたのは6月19日。この日、同社は414億円もの社債を繰り上げ償還する必要があったのである。今年3月末時点で武富士にはわずか403億円の現預金しかなかったから、4月以降の涙ぐましいまでの金策が功を奏したようだ。昨年後半から武富士は保有不動産の売却にかけずり回っていた。バブル期に創業者の故・武井保雄氏が地上げに精を出していたこともあり、同社は遊休地を含め数多くの不動産を抱える。それらの流動化により、2009年末までに200億~300億円の資金調達が可能なものと武富士ではソロバンを弾いていた。ところが、交渉は難航。外資系投資銀行を仲介役に立てて、バルクでの売却を目論んだが貸し手の金融機関は二の足を踏んだ。京都市内の旧同和地区の地上げなど、故・武井氏が押し進めた不動産漁りには暗い過去がまとわり ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。