「鳩山の最後っ屁」にドン輿石苦境

組織率100%の山教組と「無尽」の地盤。しかし首相おろしの“介添人”は、小沢の後ろ盾を失った。

2010年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「俺は何と言われようとも小沢(一郎)を支える。俺は小沢を信頼しているんだ」そう公言してはばからない民主党参議院会長の輿石東(こしいしあずま)(74)。幹事長だった小沢一郎とともに“鳩山おろし”に動き、5月31日に国会内で鳩山由紀夫首相(当時)と直談判に及んだ。小沢と輿石の風貌、立ち居振る舞いには清新さよりも老獪さが滲み出ている。自民党と旧社会党とで馴れ合っていた「55年体制の亡霊」を見せられるかのようだった。この密談、閉ざされた扉の向こうで何が語られたかは、杳として知れない。煮え切らない鳩山に「参院議員の命を預かる身でしょう」と一喝したのは輿石だったという。会談は翌日に持ち越された。鳩山は小沢に幹事長辞任を迫り、逆襲の抱き合い心中で菅直人にバトンタッチ――それが会談後の意味不明(?)の親指サインになったと言われる。

小林議員と立場が酷似

真偽はともかく、鳩山政権を葬る ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。