忘れるために人は眠る

2010年7月号 連載 [眠れぬ夜のバラード ~うつ病時代の処方箋~]

  • はてなブックマークに追加

眠れぬ人々が増えているが、人はなぜ眠るのか? 人は忘れるために眠る、とDNAの構造が螺旋であることを発見したジェイムズ・ワトソン先生はいう。実際、眠っている間に脳は不必要な情報を消す処理をしているのである。情報は増やしぶちまけるより、削除するほうが骨が折れることを、インターネットは証明した。脳においても、情報を消す作業は、眠るという他の作業を停止させた状態でないと、できないほどのエネルギーを必要としている。しかし、昨今、情報はあふれ、人を不安に陥れる情報は数限りなく、忘れると重大な損失や危険が生じるものも混在している。そもそも、どれが不必要かといったことが、にわかにはわからない時代だ。忘れたらとんでもないことになりはしないかと、思い巡らすだけで眠りはすでに妨げられる。人が眠りにくくなっているのは、情報の洪水に対処できなくなりつつあるからで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。