中国「長安汽車」がマツダを買収か

アパレルの次は自動車。軍需企業の傘下で中国第4位の自動車メーカーがマツダに肉迫。

2010年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

マツダの山内孝社長は4月1日に行われた入社式を欠席し、渡米した。表向きの理由は「マツダ2(日本名・デミオ)」を今夏から北米に輸出するにあたり、ニューヨークモーターショーでお披露目をするため。しかし、市場関係者は「低迷する株価を少しでも上昇させるために、米国で機関投資家向け広報(IR)をすることが真の目的」と解説する。マツダの業績は芳しくない。2010年3月期連結決算の売上高は前期比15%減の2兆1639億円。コスト削減などで営業損益は284億円の赤字から95億円の黒字に転換したものの、依然として2年連続の当期赤字(赤字額は65億円)だ。11年3月期に大幅な増益を見込むが楽観はできない。マツダは欧州での輸出販売比率が高く、円高ユーロ安の影響を受けやすいからだ。ギリシャ危機でユーロ安が進み、業績回復に水を差している。株価も2年前は600円台だったが、最近は200円台で推移し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。