ホンダが先駆ける「燃料電池自動車」

世界中で燃料電池車の開発競争が激化。ホンダがEVでなくFCVにしゃかりきになる理由。

2010年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

エコカーといえばトヨタ自動車の「プリウス」や日産自動車「リーフ」ばかり注目されるが、世界的に見ると燃料電池自動車(FCV)の開発競争が熾烈化している。我が国でも、国内外の自動車メーカーやエネルギー関連企業で組織する燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)が3月に「2025年にFCV200万台、水素ステーションは1千カ所」という普及シナリオをぶち上げた。独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は高性能燃料電池やFCVの燃料である水素を供給するステーション技術の開発プロジェクトを推進している。なかでも注目すべきは本田技研工業の積極姿勢であり、自社の太陽電池と組み合わせた総合的なエコカー戦略を展開中だ。内燃機関であるガソリンやディーゼルエンジンに代わって、リチウムイオン二次電池(LiB)で走る電気自動車(EV)、あるいはLiBと内燃機関を搭載したハイブリッド車( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。