「小沢外し」仕組んだ「鳩・菅謀議」がまんまと成功

2010年7月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「『小沢外し』の動きが進んでいるな」――。鳩山首相が辞任を表明した数時間後(6月2日午後)、小沢一郎民主党幹事長の側近はうめき声を発した。  その前日、輿石東民主党参院議員会長を伴い、小沢氏は鳩山氏と会談。そして、鳩山氏が不敵な笑みを浮かべて親指を立てた例の場面の後、真っ先に向かい合ったのは、誰あろう現首相の菅直人氏だった。その場で「こんなやりとりがあった」(民主党関係者)らしい。鳩山氏「私は辞めるので、その後を頼む」菅氏「わかったが、小沢はどうする。切ってしまおう」この謀議を察知した小沢氏側は「挙党態勢は崩れた」と慌てたが、後の祭り。代表選で反小沢勢力が雪崩を打って菅氏支持に回った。密会の謀議を証明するかのように、菅氏は6月3日の代表選出馬表明で、小沢氏について「しばらく静かにすることが本人や民主党、日本にとっていい」と言い放った。民主党関 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。