「MIRAIO」西田弁護士の泣き所

派手なテレビCMに年間35億円。絶頂の今、事務所内部で信じられない事態が進行中。

2010年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

過払い金バブルに沸き立つ弁護士業界――。「アディーレ」や「ITJ」といった債務整理を専業とする新興事務所が台頭する中、常に先頭を走り続けるのが西田研志弁護士率いる「法律事務所MIRAIO」だ。東京・赤坂の最新鋭ビルに瀟洒なオフィスを構え、擁する職員は数百人にも上る。個人事務所ながら年間売り上げは実に100億円だ。「報道ステーション」をはじめ人気テレビ番組のCM枠をごっそり買い取るなど、電通を代理店に年間35億円もの広告宣伝費を絨毯爆撃さながらに大量投下し続けている。ところが、同事務所の内部では信じられないような異常事態が進行中だ。「未来を」とのスローガンをローマ字表記したという同事務所だが、昨年9月までは「ホームロイヤーズ」と名乗っていた。むしろ、世間ではそちらのほうが今でも馴染み深いかもしれない。実は、この名称変更こそが、同事務所の抱える驚くべきトラブ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。