街に溢れる「自己破産100万人」

「総量規制」で約700万人の新規融資がストップ。5人に一人が自己破産か債務整理に陥る。

2010年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「おかげさまで助かりました。これは皆さんで食べてください」専業主婦のAさん(74歳)は、昔なじみの貸金業者から1カ月前に5万円を借り、月々の返済のために饅頭を持参して来店した。「おばあちゃん、いつもありがとね」。店員は親しげに声をかける。カウンターでは別の初老の男性が店員と談笑している。が、この店は違法な貸金業者だ。もとは登録業者であったが、規制が厳しくなったため廃業し、以前の顧客データをもとに無登録で営業している。金利も年54%と出資法違反だが、月々の返済金額は正規業者と数千円しか違わない。何より借入時に難しい審査がなく、身の上相談にも気軽に応じてくれるから、警察に被害届けを出す客はいない。保険外交員のBさん(38歳)は、冠婚葬祭など急な出費に困った。昨年まで大手のサラ金に50万円の借入枠があったが、年収が少ないため突然20万円に減らされた。新規の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。