歪曲されたバーナンキ講演

やはり同床異夢。権威付けの講演内容に、実は日銀真っ青のくだりがあった。新聞による“改竄”を暴こう。

2010年7月号 BUSINESS [日銀のガラパゴス化]

  • はてなブックマークに追加

大英博物館にあるロゼッタ・ストーンは、ナポレオンのエジプト遠征(1799年)で発見され、のちに英国の手に落ちた。エジプト象形文字の神聖文字と民衆文字、そして古代ギリシャ文字の3種類の文字で同じ内容が石盤に刻まれている。おかげで象形文字が読めるようになった。 このロゼッタ・ストーンの手法で「日銀村」語を解読してみよう。5月26日、米連邦準備理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長は、「中央銀行の独立性、透明性と説明責任」と題して、日銀本店で講演を行った。各紙の見出しは「中銀の独立性強調」だったが、とんだミスリーディングがあった。日本のマスコミは日銀の話になると、往々にして全く真実を伝えない。バーナンキ講演は典型例だ。講演録がFRBのウェブサイトに掲載されているから、それが分かる(http://www.federal
reserve.gov/newseve
nts/speech/bernanke
20100525a.htm)。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。