韓国地方選の与党惨敗「北風」よりオウンゴール

南北緊張はほとんど関係ない。一方的な「押しつけ政治」に国民が反発した。外交でも疎通下手が足かせ。

2010年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

李明博(イミヨンバク)大統領が最大のピンチに直面している。6月2日が投開票日だった韓国の統一地方選挙が、想像もしていなかったほどの与党(ハンナラ党)惨敗で終わったからだ。どれほどの惨敗であったのか。韓国では道知事と特別市・広域市(日本の政令市に相当)の市長を「広域自治団体長」と呼び、16の首長ポストがある。ハンナラ党は4年前の地方選では12首長を占めたが、今回は6首長にとどまった。「基礎自治団体長」と呼ばれる一般市長や区長など228首長のうち同党公認は82、全地方議会議員の総計1802議席のうち691しか獲得できなかった(野党第一党の民主党は92首長、803議席)。ソウル特別市長選では勝ったとはいえ、若さを誇る現職のハンナラ党候補(49歳)が、盧武鉉(ノムヒヨン)政権下で総理を経験した過去の人ともいえる民主党候補(66歳)に0.6ポイント差まで肉薄された。1千万人都市 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。