「菅流」増税戦略は盗作まがい

新首相のスローガンは、なぜか「たちあがれ日本」とそっくり。霞が関では「与謝野クローン」と呼ばれている。

2010年7月号 POLITICS [「増税でも成長」のシナリオづくり]

  • はてなブックマークに追加

「えっ、それは本当か! いきなりケチがつきかねないではないか」一介の市民運動家から最高権力者まで上り詰めた成り上がり宰相、菅直人が首相官邸に主として乗り込んだ翌日の6月9日夜。5階の秘書官室から慌てふためく声が漏れてきた。「日本を根本から立て直して、もっと元気のよい国にしていきたい。つまりは、強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現する」菅は組閣を終えた8日の就任記者会見で、政策スローガンの目玉としてこんな経済・財政・社会保障の一体的な改革論を打ち出していた。「税を取っても、使い道を間違えずに介護や医療や保育、環境技術などに回せば、経済成長に貢献する」と説く菅。これが①消費税増税、②社会保障の充実、③将来不安の解消、④消費や雇用の拡大――と、増税と財政出動を媒介にした「カンジアン成長戦略」の主張だ。「カンジアン」とは菅(カン)とケインジア ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。