三菱自動車の支援めぐり「金曜会」御三家に温度差

2010年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

経営再建中の三菱自動車の支援をめぐり、三菱グループの金曜会御三家で温度差が生じてきた。10年3月期決算で、三菱商事が三菱自動車の優先株を減損処理する一方、三菱東京UFJ銀行と三菱重工業が処理を見送るなど、足並みの乱れが波紋を呼んでいる。三菱自動車は、総額で約4400億円の優先株を発行。御三家など三菱グループが中心に引き受け、財務基盤を立て直した経緯がある。しかし、三菱自動車は累積損失を解消できず、優先株の配当を見送ったため、三菱商事は株式の価値が毀損したと判断。監査法人のトーマツと相談し、優先株667億円の約42%に当たる283億円を減損処理した。三菱商事は自動車に益子修社長を派遣し、海外販売を支えてきた。減損処理に踏み切った背景には、「銀行主導の再編が一向に成就しない」(幹部)ことへの苛立ちもあるようだ。三菱UFJは御三家では断トツの約2600億円の優先株を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。