巨額赤字「レオパレス」の崖っぷち

業績悪化で790億円の損失。「30年一括借り上げシステム」は崩壊寸前。地主への家賃保証はどうなるのか?

2010年6月号 BUSINESS [懲りない「深山商店」]

  • はてなブックマークに追加

アパート賃貸大手レオパレス21が追い詰められている。業績悪化に歯止めがかからず、2010年3月期(連結)の最終損益が790億円の赤字に転落する見通しだ。藤原紀香や松平健のテレビCMでお馴染みだったが、「敷金・礼金ゼロの部屋探し」というキャッチフレーズともども、最近はあまり見かけなくなった。2月に創業一族の深山英世(52)が社長に昇格して「背水の陣」を敷いたが、経営不安の噂が絶えない。5月7日、レオパレスは10年3月期最終赤字の拡大(351億円→790億円)と3年間で建築請負受注高の4割縮小などを見込む新たな中期経営計画を発表。2月の業績予想下方修正(最終赤字予想191億円→351億円)で一部のアナリストは「悪材料が出尽くした」とみていたが、業績の惨状は予想以上で二番底があった。株価は前日比30円安の548円に急落。巨額赤字計上により9月中間期時点で1410億円あった自己資本は半減。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。